【事例あり】アイデア量産のフレームワーク「オズボーンのチェックリスト」

アイデアの作り方

強制的に発想の転換を促し、アイデアを効果的・効率的に生み出すフレームワークで、アイデアの発想法として有名なオズボーンのチェックリストを紹介したいと思います。

アイデアを考えるのが苦手という方や、アイデアが出ない、アイデアに行き詰まってしまったという時ににでも、アイデアの糸口や切り口を見つけ出すことができると思います。

使い方をイメージしやすいように、簡単な事例・想定シーンを紹介しながら、できるかぎりわかりやすくその活用法をご紹介します。

オズボーンのチェックリストとは

オズボーンという人物が生み出した、アイデアを生み出すための切り口をまとめたリスト。アイデアの精度を高めたり、アイデアを量産したいときに用いられる古典的なフレームーワークで、アイデアが必要な現場では定番の手法です。

アイデアや企画に行き詰まった時にぜひ活用してみてください。

オズボーンのチェックリストは、次のような9つの切り口からなります。最初のうちは切り口をぱっと見たただけでは、いまいちイメージが広がりにくいかと思いますので、ひとつひとつ、事例を交えながらご紹介します。

オズボーンのチェックリスト
  1. 転用(Put to other uses)
  2. 応用(Adapt)
  3. 変更(Modify)
  4. 拡大(Magnify)
  5. 縮小(Minify)
  6. 代用(Substitute)
  7. 置換(Rearrange)
  8. 逆転(Reverse)
  9. 結合(Combine)

1、「転用してみる」の解説・事例

転用とは、新しい使い道や改善・改良ができないかという切り口です。

すでにあるものの新しい用途を提案したり、技術性能を高めたり、欠点を改良することで、新しい付加価値を生み出そうとする考え方です。

転用 = 用途や技術の新しい使い道を考えてみよう

事例 廃坑を美術館に転用(別の用途を提案)、欧米人向けにアレンジした和食(ターゲットに合わせて改良)

2、応用してみる

応用とは、他に似たものがないか、という切り口です。

すでにあるものの機能や価値や体験の型を適応させることで、新しい付加価値を生み出そうとする考え方です。

応用 = 別の機能や体験の型をあてはめてみよう

事例 そばつゆの自販機(機能の型を模倣)、立ち食いのフレンチ(体験の型を模倣)

3、変更してみる

変更とは、すでにあるものを変えてみたらどうか、という切り口です。

具体的には、機能や動きやデザインに変更を加えることで、新しい付加価値を生み出そうとする考え方です。

変更 = 機能や動きやデザインを変えてみよう

事例 女性向けの表紙に変更したビジネス書(デザイン)

4、拡大してみる

拡大とは、大きくできないか、という切り口です。

すでにあるもののサイズ(高さ・長さ・厚み)や量、強度、時間、頻度を大きくすることで、新しい付加価値を生み出そうとする考え方です。

拡大 = サイズや量、度合いを大きくしてみよう

事例 強炭酸のサイダー(強度)、激辛ラーメン(強度)、年配の方にも読みやすい大きな文字の本(サイズ)

5、縮小してみる

縮小とは、小さくできないか、という切り口です。

すでにあるものサイズ(高さ・長さ・厚み)や量、強度、時間、頻度を小さくすることで、新しい付加価値を生み出そうとする考え方です。

縮小 = サイズや量、度合いを小さくしてみよう

事例 低いアルコール度数のお酒(強度)、小さく持ち運びしやすい旅行ガイドブック(サイズ)

6、代用してみる

他のものに代用できないか、という切り口です。

すでにあるものの機能や材質などを他のもので代用したり、別のアプローチを試みることで、新しい付加価値を生み出そうとする考え方です。

代用 = 機能や材質を他のもので代用してみよう

事例 トラックの幌を使った丈夫なカバン(材質)

7、置換してみる

置換とは、入れ替えてみてはどうか、という切り口です。

すでにあるものの要素や順序やレイアウトを入れ替えることで、新しい付加価値を生み出そうとする考え方です。

置換 = 要素や順序を変えてみよう

事例 店舗のレイアウト変更で顧客導線の活性化(レイアウト)

8、逆転してみる

逆転とは、上下左右前後といった方向や、裏表、役割などを反対にできないか、という切り口です。

すでにあるものの機能やプロセスを逆にすることで、新しい付加価値を生み出そうとする考え方です。

逆転 = 機能やプロセスを逆にしてみよう

事例 食べるスープ(機能)、にぎらないおにぎり(プロセス)

9、組み合わせてみる

組み合わせとは、合体したり、混ぜ合わせたりすることはできないか、という切り口です。

すでにあるものの目的や機能を組み合わせることで、新しい付加価値を生み出そうとする考え方です。

組み合わせ = 目的や機能を組み合わせてみよう

事例 スマホのスタイラス付きボールペン(機能)、バーコードで読書記録(目的)

以上となります。アイデアを出す際のヒントとなれば幸いです。